穏やかな精神をサポート

男性女性

脳内には神経伝達物質というものがあり、セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンの3つが三大神経伝達物質と呼ばれています。この3つの中でセロトニンは幸せ物質と呼ばれており、イライラを抑えて穏やかな気持ちを保ってくれる成分と言われています。精神の安定を司る物質なので、これが減少してしまうと精神的に落ち込むことが増えてしまうのです。セロトニンは脳内だけでなく腸内でも作り出されており、腸内でつくられているものが9割以上です。脳内で作り出されるセロトニンはたったの2パーセントほどですが、この2パーセントのセロトニンが精神にとって重要な役割を果たしているのです。最近イライラしたり落ち込むことが多いという方は、セロトニンが減ってしまっている可能性があります。セロトニンを増やすためにはいくつかの方法があります。まずは、トリプトファンという物質を含む食品を摂取することです。これは体内では作り出せない物質ですので、食品から摂取する必要があります。トリプトファンを含む食品はいくつかあり、大豆製品やマグロ、ゴマ、鶏むね肉などに多く含まれています。トリプトファンを効率的に摂取できるサプリメントも出ていますので、気分が落ち込みがちな方はサプリメントも取り入れてあげることがおすすめです。また、女性の方が男性に比べて分泌量が少ないと言われていますので、トリプトファンを含む食材やサプリメントを積極的に摂取していくとよいでしょう。さらに、太陽の光を浴びることで分泌されやすくなりますので、朝起きたら太陽の光を浴びることを習慣にするとよいです。